北の森の大蛇【あとがき】


  

 短編小説『北の森の大蛇』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。この文量で400字詰め換算107枚になります。

 

 

 もともとは個人的に好きなループものを考えてプロットを組んでいました。ループものと言っても色々スタイルはありますが、物語の最後が物語の最初に繋がるようにと考え、それだけで作った話です。

 

 思惑通りに読んでもらえる小説に仕上げられたか分かりませんが、読み終わった後で「弐式は嘘つきだ」と思っていただければ、自分としては最大の賛辞です。

 

2018年5月8日 弐式

 

 

目次

 

▼あなたのクリックが創作の励みになります。▼



▼感想をいただけると更なる励みになります▼
 
『北の森の大蛇』の感想