超短編・ショートショート『聖夜の枕元』の感想