超短編・ショートショート『当たりの相手、外れの相手』の感想