超短編・ショートショート『ある時計台の夢』の感想