ニセモノ【2】


 「改めて、拙者は近藤と申す者。市ヶ谷甲良屋敷の天然理心流剣術・試護館道場、総師範を務めておる」

 

 と近藤が頭を下げ、伊助も簡単な挨拶をかわし、それからすぐに商談ではなく、本題に入る前に互いに雑談を交わした。話はやはり剣術の話題である。巷では刀剣商ばかりではなく剣術道場も大賑わいの昨今である。話題には事欠かなかった。

 

「ところで近藤様は練兵館道場からの紹介と承っております。練兵館には桂小五郎という人物がおりましたが、ご存じですかな?」

 

「無論」

 

 後に倒幕・新政府樹立に大きな影響を与える維新三傑の1人、長州藩士・桂小五郎が練兵館で剣の修練を積むと同時に、後に桂と坂本竜馬を引き合わせる大村藩の渡辺昇ら維新に大きな影響与える英傑たちと、天下国家について大いに論じ合っていたのはほんの数年前の話。今の桂はすでに長州藩に戻り、藩政の中枢でその力をふるっていた。

 

「竹刀を交えたことはなかったが、剣の腕もさることながら、あの気迫はなかなか真似できぬものだった」

 

「その桂小五郎が北辰一刀流千葉道場の坂本竜馬という男と立ちあい敗れたという話がございましたが、坂本という御仁はご存知ですかな?」

 

「坂本……いや。知らぬな。北辰一刀流は食客の山南という男が詳しい故、今度聞いてみることにいたそう」

 

 千葉道場も江戸三大道場の1つ。そこで免許皆伝を受けた坂本竜馬も数年前に、一旦は出身の土佐藩に戻っていたが、藩政改革を進める土佐藩内で上士・下士という身分の格差による対立が激化したのをきっかけに脱藩し、再び江戸へと戻ってきていた。そして、幕府軍艦奉行並・勝海舟に弟子入りしたのがこの頃である。

 

 余談ながら、この頃の坂本は攘夷論者であり、開国論者の勝海舟を斬って捨てるために勝に会いに行ったものの、丸腰で壮大な夢と構想を語って聞かせた勝に心を動かされ、その場で弟子入りを決意したという話は有名である。

 

 その勝は、無役で小身の旗本の生まれにすぎなかったものの、この激動の時代の中でめきめきと頭角を現していた。

 

 もちろん、そのような話は伊助も、おそらくは目の前の近藤も知る由のないことだったが、しかし、時代の変革の中で、これからの時代を担っていく者たちは着々と力を蓄え、のし上がっていく準備を整えていることは薄々と感じ取っていたのであろう。

 

 同時に、時代が揺れ動いていることをひしひしと感じていても、そのために何をすればよいのかわからず、焦りながらも雌伏の時を過ごしている才ある者が多くいることにも、伊助は気付いていた。

 

 雑談を続けるうちに伊助は、目の前の近藤という人物もまた、そのような一人だということに気付いたのであった。

 

 やがて、話は本題へと入っていく。

 

「本日伺ったのは他でもない。刀を一振り、所望いたしたい」

 

 ここは八百屋ではなく刀剣商なのだから刀を買うのは当然などと言われないように。刀剣商とて、薙刀も槍も鎧も扱うのだ。

 

 戦国の世においては、かつては弓が、時代を経ると鉄砲が、それぞれの主役であった。足軽は槍を持ち、より長い距離で戦うのが戦であり、戦場での刀の役割は、せいぜいが首級を取るためか、護身用の武器にすぎず、刀で斬り合うという戦い方は、鎌倉の時代に姿を消していたのである。

 

 しかし、身分制度が確固たるものになった江戸の時代では刀は武士の魂。名刀を持つことが1つの社会的地位の証(ステータス)となっていたのだった。

 

「実は、来年の将軍上洛に合わせて、浪士隊が結成されることになったのだ。拙者を始め、天然理心流の門弟もこれに参加することとなった次第。畏れ多くも将軍警護の大役を任された以上、相応の刀を持たねばならぬ」

 

 

 【1】へ  【目次】  【3】へ

 

▼あなたのクリックが創作の励みになります。▼



▼感想をいただけると更なる励みになります▼
 
ニセモノ』の感想