ニセモノ


【あらすじ】

 幕末――文久二年(1862年)の江戸。動乱の時代に備えて、刀剣商は大賑わいだった。そんな忙しい日々を送る刀剣商の相模屋伊助のもとに一人の侍が刀を求めて訪れるが……。

 

【文量】

400字詰め換算 29枚 

 

【目次】

1】【2】【3】【4】【5】【6(最終)】【あとがき

 

 

▼あなたのクリックが創作の励みになります。▼



▼感想をいただけると更なる励みになります▼
 
ニセモノ』の感想