ナンバー【1】


 

 これも地球温暖化の影響というやつだろうか。

 

 日本海側の小都市に出張で訪れていた沢見洋一は、列車の窓から海を見ながらそんな風に思った。

 

 季節は秋。

 

 台風のシーズンであり、今回は運悪く出張の帰りと台風がぶつかってしまっていた。

 

 列車を、強い雨粒が叩きつける音は、あまり広くない車内に響き渡っていた。その様は、まるで熱帯地方のスコールを思わせる。

 

 確か海沿いと山中を入れ替わりで走っているはずだが、列車の窓は雨水に覆われて外が見えないので、外が海なのか山なのかさえ分からない。

 

 下手をしたら、列車が運休するのではないかと思っていたが、幸い、そうはなっていなかった。

 

 腕時計をみると、午後8時を回ったところだった。外は、すっかり暗くなっている。この後、N市までこの列車で行って、そこから特急に乗り換えて、彼の暮らす町に帰る予定だった。ここまでは何とか予定通りに進んでいる。

 

 中肉中背で取り立てて特徴のない中年らしい体格に、丸みを帯びた顔つき。スーツ姿に、窮屈なネクタイを外したその姿は典型的なサラリーマンの姿だった。大切な、神経をすり減らす出張を終え、ようやく帰路についた。しかし、意気揚々と凱旋というわけにはいかず、沢見は疲れ切っていた。しかし、気持が萎えそうになるときに、一瞬で気力を回復させてくれる秘密アイテムを沢見は持っていた。

 

 沢見は、抱えた旅行鞄の側面を開いて、可愛らしい封筒を取り出して、中から、一枚のカードを取り出した。

 

 昨日、誕生日を迎えた沢見にあてられた、6年前に結婚した4歳年下の妻と、5歳になる娘からのバースディ・カードだった。

 

36歳の誕生日おめでとう。パパ、身体に気をつけてね』 

 

 と書かれた、やたらと丸っこい、子供っぽい字は、妻のものだ。これで、職場では事務職だというから驚きだ。本人曰く、会社では全部パソコンで入力するから、手書きの文字がどうだろうと関係ない、らしいのだけれど。

 

『パパ、こんどゆうえんちにつれてって』

 

 何とか判読可能な、幼くも愛おしいこの字は言うまでもない、愛娘の字だ。娘とは2日間も顔を合わせていない。電話は、ちゃんとしているのだけれど、寝つきがいいこの子は、業務が終わって電話するといつも寝てしまっていた。

 

 沢見は、カードに唇をつけると、封筒の中にしまい封をして、再び元のとおり、鞄の側面に入れた。

 

 その時、「次は○○駅、○○駅」というアナウンスが聞こえた。しばらくすると、列車の走る音が変わり、ホームに侵入していくのが分かった。

 

 ホームの大きさからして、比較的大きな駅のようだった。この辺は単線路なので、上り下りのすれ違いのために、しばらく停車することがある。

 

 列車は15分ほど、この駅に止まることは知っていたので、沢見は列車を降りることにした。停車している間、扉は自分で開けるようになっている。扉に力を込めて横にスライドさせた瞬間、むわっとした不快指数の高い蒸し暑い空気が流れてくる。

 

 ホームに降りた沢見は、ホームの真ん中あたりに据え付けられた自動販売機から缶コーヒーを買った。

 

 そこそこ大きなこの駅のホームには雨除けの覆いがしてあり、ここなら雨がかかる心配はない。

 

 冷たいコーヒーの缶を握り、プルタブを押し上げる。

 

 甘ったるいコーヒーを口に含めながら何気なく周囲を見回すと、ホームには10人程度の人影があった。

 

 談笑しながら歩いて行く若い駅員と初老の駅員の姿や、この付近の高校のものと思しき学生服姿もいくつか見える。

 

 沢見は、列車の中に置きっぱなしにした鞄が何となく気になって、急いで小さな缶の中身を飲み干すと、ホームに置かれた空き缶入れに放り込んで、列車の中に戻った。

 

 列車に乗り込もとしたその時、何かの声を聞いたような気がして、ふと振り返った。

 

 そこには沢見の後に続いて乗り込も問うとした、女性の姿があった。

 

「あ……」

 

 赤ん坊を抱えたその若い女性を見た時に、沢見は何となく声を発してしまった。

 

 

目次】  【2】へ

 

▼あなたのクリックが創作の励みになります。▼